So-net無料ブログ作成

今更ながらD7000を選んだ理由

D73_5950Nikon D7000 / Sigma 105mm macro EX F2.8

個人的には,デジタル一眼レフの機能としてはD200で飽和していました.D100とD200の間にはブレイクスルーがありましたが,基本的に,それ以降のカメラなら個人的にあまり機能的な魅力は感じていません.

画素数の肥大化はプロフェッショナル達には必要ですが,アマチュアにはどうでしょう.ワタシ的には1000万画素で十分です.D7100は2000万画素を超えてきましたが,ファイルサイズが大きくなりすぎ,ノイズも心配です.コレはワタシ個人のもんたいですが,広角大好きのワタシには小型の広角レンズがラインナップされているDXフォーマット機にしか興味がありません.ある程度のAFスピードがあれば,後はハイスピードシンクロが使えれば十分です.そして,コレはD200で満たされているのです.

というわけで,今でもD200の機能や画質に不満はありませんが,ワタシの撮影スタイルが変わってきたことで,D7000にスイッチすることになりました.もちろんD200もどこかで使っていこうと思っています(別に壊れたわけではないのですが,ホットシューが緩んできたり,バッテリーたちが片っ端からダメになってきた.トータルでリフレッシュすると結構かかる.ストロボはとにかく多用して使い倒したからこの緩みはD200のせいにはできないかな...).

スタイルの変化の一つに大きいカメラがさすがに面倒になってきたことがあります.D200は実はそんなに小さくありません.D2やD3より小さい感じがしますが,縦位置つけるとむしろ大きいくらいで,チョットかさばります.ワタシは手が小さいのでD70くらいのボディがありがたいのです.

幸い,このD7000はD70以下のボディサイズでD200の機能はほぼ包括しています.画素数もちょうどいい感じです.ボディはエンプラとマグネシウムのハイブリッドですが防塵・防滴です.いまどきのエンプラの信用性はD70で十分わかっていますので全く不満はありません.クリエイティブライティングシステムも2チャンネルコントロールで搭載.条件的には問題なしです.コンパクト機とたかをくくっていたら完全にD200を凌駕していましたw まあ,耐寒とか耐衝撃とかいろいろあるから数字だけでは比較できませんけどね.

昨年,小さくてもクイックで写りのイイカメラが欲しいということでNikon1 v1を手に入れました.コンパクトなレンズ,見栄を張らない,欲張っていない,無理のない設計で軽快に撮れるイイシステムです.センサーが小さいとかいう人も多いですが,一眼のレンズ使いたいときは一眼使いますってww 普段一眼使っている人がストレスなく気軽に使えるカメラだと思います.

で,このNikon1 V1とD7000はバッテリーが共通.D200やD70はv1とは違うので,旅行の時などは予備バッテリーやチャージャーを余計に持たなくてはなりません.どのバッテリーが切れているのかとか管理が面倒なので,統一できるのは非常に楽チンです.

かつては,大きなカメラに大口径ズームつけて,それを二台ぶら下げて撮り歩いていましたが,今は小さいカメラがイイですね.せっかくの小さいカメラには小さいレンズをつけたいです.二台のD7000に35ミリF2と10.5ミリフィッシュアイで作品を増やしていこうと思います.

ニコンさん,単玉の小さいレンズもっと出してくんないかな...そういや,45ミリのパンケーキもイイな...



nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0